賢い助成金の活用法 助成金など雇用者に優しい制度をご紹介

  トップ 握手


MENU
TOPページ
助成金と就業規則
助成金実績と統計表
雇用管理に伴う助成金
中小企業子育て支援助成金
代替要員確保コース
お問い合わせ
四角

 
 雇用保険の助成金・給付金


このサイトでは、雇用関係各種
助成金・給付金のうち雇用保険 適用事業所の事業主に対して 支給されるものをまとめています。 これらの助成金・給付金は、 主に雇用保険二事業という 分野で行われていて、その財源 の一部は事業主の方が支払わ れる労働保険料から賄われ ています。 ですので、一般の融資などと は違い、返済の必要がなく、 要件さえ満たせば 当然に申請すべきです! これから就職活動を行い、きちんとした社員研修を受けて働きたい、と意欲があるのであれば、雇用保険を受給すべきです。 そして就職先が決まったらその企業での社員研修を行い、しっかり会社に貢献していきましょう。 そのためには社員研修制度のある会社に就職するといいですね。

どのようなときに受給できるの?

助成金・給付金の支給要件は細かく規定されていますが、代表的
な要件で整理すると下記のようになります。

・雇用の維持を行うとき
・離職を余儀なくされる労働者の再就職を支援するとき
・新たな雇入れ等をするとき
・試行雇用(トライアル雇用)をするとき
・創業をするとき
・労働者に職業訓練等を受講させたとき(能力開発)
・中小企業が雇用管理改善等を行ったとき
・介護労働者の雇用管理改善等を行ったとき
・育児・介護労働者の雇用管理改善などを行ったとき
・建設労働者の雇用改善等を行ったとき
・障害者の雇用の促進および雇用の継続のための措置を行ったとき

「知らなかった」ではもったいない助成金

しかし、これらの助成金はあまり活用されていないのが現状です。とくに、
中小企業、個人事業での受給は少ないようです。その原因は・・・

・助成金自体の存在があまり知られていない。
・助成金の種類がたくさんあり、どの助成金を受給できるか判断しずらい。
・申請手続をおこなう専門的な知識を持った人材がいない。
・申請手続が、複雑、煩雑で、面倒臭く手続をおこなっていない。

などが考えられます。

助成金・給付金の取扱機関は?

助成金・給付金の取扱機関は、その種類ごとに下記の機関
が取り扱っています。

・都道府県労働局・公共職業安定所(ハローワーク)
・(独)雇用・能力開発機構 都道府県センター
・(独)高齢・障害者雇用支援機構
・(財)高年齢者雇用開発協会
・(財)介護労働安定センター
・(財)21世紀職業財団 地方事務所
・(財)産業雇用安定センター 地方事務所

申請書類の作成・提出代行はどこに頼めばいいの?

雇用保険の助成金・給付金申請手続きは、その種類も多く、手続が
複雑なものも少なくありません。
助成金・給付金の相談から手続まで、社会保険労務士(社労士)に
依頼されることがおすすめです。
企業として助成金・給付金申請の代行ができるのは社会保険労務士
(社労士)だけになります。

注目サイト

大船駅北口歯科
大宮のおしゃれ美容院
プラチナ買取 埼玉

最終更新日:2019/1/29

 



Copyright (C) 2008賢い助成金の活用方法  All Rights Reserved