助成金と就業規則

  トップ 握手


MENU
TOPページ
助成金と就業規則
助成金実績と統計表
雇用管理に伴う助成金
中小企業子育て支援助成金
代替要員確保コース
お問い合わせ


 

 

四角

 
助成金と就業規則

助成金を受給したいのであれば就業規則はとても重要です。 

(1)申請書類に添付又は事前に変更の届出を求められる助成金 

申請の際に確認される内容は
「本当にその企業努力が行われているか」
「従業員全員に対する平等なものなのか」
という事です。

助成金は一定の企業努力に対して支給されるものです。そしてその努力
は継続したものでなければなりません。 就業規則は会社のルールで
あり、従業員全員に閲覧の自由が保障されています。
その企業努力
の証明と公平さを保障するものが就業規則なのです。

四角

 
 就業規則の提出・変更が必要な助成金の例

中小企業定年引上げ等奨励金

65歳未満の定年を定めている会社が就業規則を見直して定年を65歳ま
でに引き上げ又は定年を廃止した場合に支給される助成金です。就業
規則にその事を明記する必要があります。

中小企業子育て支援助成金

育児休業又は短時間勤務制度導入後、初めて制度利用があった場合に
支給される助成金です。就業規則で育児休業の記載が必要です。

両立支援レベルアップ助成金

小学校就学前の子供を育てる従業員に対して新たに就業規則で時間短
縮制度やフレックスを利用できるものと定め実際に3歳児〜小学校就学時
期前の育児を行う社員に利用させた場合支給される助成金です。就業規
則で記載されている必要があります。

パートタイム助成金

パートタイマーから正社員への転換制度の導入などを行う会社に支給される
助成金です。正社員への転換制度の導入を就業規則などに盛り込む必要が
あります。

以上の制度は明確に就業規則に盛り込まれていなければ支給されない
ケースがあります! 

 

(2)受給後にその存在価値が問われる就業規則

企業の継続的な努力が助成金受給の条件です。
受給が終わればその制度を終了していいわけではありません。
最初の設定(就業規則への記載)を誤れば受給金額をはるかに超える
支出の危険性があります。助成金の金額だけでなく、いつ、どこで、どう
いった社員にその制度の恩恵を与えるのかといった内容を充分専門家と話
し合い就業規則に反映させていく必要があります。
また将来的に助成金を受給する為の制度が必要なのかその他制度や現在
の従業員規模、売上規模から判断していく必要があります。

就業規則は助成金の受給成否だけではなく、その後の運用についても
会社を円滑にし、効果的な助成金の受給を実現する為のなくてはならな
いものです!

Favorite

ゴム風船の販売

Last update:2017/12/14


 



Copyright (C) 2008賢い助成金の活用方法  All Rights Reserved